浮気をしてしまう心理

天然石アクセサリークリエイターの日々の想い

 

友人二人と話していた時の事でした。

もう一人彼氏ができたのだけどどうしようか迷っている。

彼女は女の魅力がむんむんで華やかな姉御タイプ。

一人めの彼氏と別れたいけど彼女をとても愛しているのでなかなかきり出せずにいます。

大事に守ってくれる1人目の彼氏より自分が守りたくなる2人目の彼氏の方が自分らしく付き合えるそうです。

「守ってくれる人とお別れするのは申し訳ないけど、自分らしく付き合えるほうがいいの。」「華やかだねぇ。」なんて言いながらお酒を飲んでいました。

 

スポンサーリンク

そしてもう一人の友人はノーメイクでナチュラルスタイルの女性(既婚者)です。

アラフィフでノーメイクはだめだ。もっとおしゃれしよう、などと私達に言われたおとなしめの彼女が「実は…」

東京に1泊2日で旅行に行き、独身の頃ずっと好きだった人と会ってきたというのです。

えぇっ!!そんなにおとなしそうな顔をして!?

人は見かけによりません。

そればかりか2日間で好きだった人2人と会ってきたというのです。

次の日には別の人と会っていたというの…

会ってきたどころか、え、嘘でしょう?などと大人の会話をしてお酒の時間を楽しんでいました。

 

世の男性は「うちの奥さんが浮気をするはずない」などと油断してはいけませんよ。

女性もですが。

パートナーと過ごしていても自分らしく生きて愛に満たされている人は浮気をしないと思うのです。

(もしこれで浮気をしたら私に猿扱いされます。)

 

 

 

 

 

一方で一緒にいると自分らしく生きられない、という人はどこか寂しさを感じたり満たされない思いが膨れ上がりそんな時につい、外を見てしまうのではないでしょうか。

自分らしく生きられないのは自分の問題なのでしょうけど、そこをすり替えて相手のせいにするのかもしれません。

自分らしく生きられないなら、自分らしく生きられるように相手と真摯に向き合うか(自分とも)、お別れするかどちらかがいいと思います。

向き合うのは時間がかかったり精神的にきつかったりしますし、かと言っていろいろな都合で別れられないという場合に他の人に目がいってしまうのでしょう。

 

パートナーがいるのに本気で好きになったので別れて正式に付き合うようになるパターンは別かもしれません。

雷に打たれるような運命の恋なら仕方ない。

本気の愛を知ってしまったパートナーを止めることはできないので。

 

ここ最近、私は家族を通して無償の愛の世界を知り始め、自分の中の愛のエネルギーなどというものを感じていたりした訳ですが、久しぶりにこういう話題がでて笑ってしまいました。

2日で2人って…

これは神様が私に何を教ようとしているのかはわかりませんが。

 

色気むんむんの彼女から2番目の彼へのプレゼントとしてブレスレットのオーダーをいただきました。

1番目の優しそうな彼に会ったことがあるだけにもう少し時間をかけて石を選んでみようと思います。

2番目の彼が求めていること。

どうなるのがその人にとって本当の幸せなのか。

これからどんなドラマが展開されるのかはわかりませんが、その男性の心に寄り添うお守りブレスレットをお作りしようと思います。

 

しかし私の周りは面白い人ばかりだとつくづく思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

*