パワーストーン・天然石の意味 フローライト

天然石のフローライトはカラーバリエーションがあり人気があります。
主張しすぎない柔らかなしすぎない色合いに心が癒されます。
それではフローライトはどんなパワーストーンなのでしょうか。
ここではフローライトの石の意味や鉱物データ、取り扱い方法をお伝えします。

フローライトとはどんなパワーストーンなのか?

1.石の意味

スポンサーリンク

1-1エネルギーを純化

フローライトは頭の中で整理できない思考をクリアにし未来のビジョンを明確にする石です。

解決の糸口を紐解いてくれるサポートをするでしょう。

1-2癒しの石

カラーバリエーションが豊富なフローライトですが特にグリーンフローライトが頭の疲れを取り心を癒してくれるといわれています。

1-3心の解放

大人になるにつれてできた思い癖や抑圧された感情を解放するサポートをし、自由な発想や思考力を高めます。

2.言い伝え

ラテン語でfluere=流れると言う意味で、和名は蛍石。

フローライトを暗い場所で火にあてるとパチパチと音を立て蛍のように発光することから名づけられました。

3.鉱物データ

和名  蛍石
英名  Fluorite
色   緑、紫、青、黄色、無色透明、灰色
硬度  4(衝撃に弱い)
組成  CaF2
結晶系 等軸晶系
へき開 なし
比重  3.18(塊状の原石では3~3.25)
主要産地 中国、メキシコ

4.お手入れ・浄化方法

1.水晶クラスター
2.ホワイトセージ
3.月光浴

詳しいやり方はこちらをご覧ください
パワーストーン・天然石お手入れ 7つの浄化方法

フローライトは太陽にあてると退色する可能性がありますので長い時間直射日光に当てない方がいいでしょう。

まとめ
フローライトとはどんなパワーストーンなのか?

1.石の意味

1-1エネルギーを純化

頭の中を整理しクリアし未来のビジョンを明確にする

1-2癒しの石

特にグリーンが頭の疲れを取り心を癒してくれる

1-3心の解放

思い癖や抑圧された感情を解放

2.言い伝え

火にあてるとパチパチと音を立て蛍のように発光することから蛍石と名付けられた

3.鉱物データ

4.お手入れ・浄化方法

1.水晶クラスター
2.ホワイトセージ
3.月光浴

 

フローライトは気を吸いやすく割れることもたまにあるのですが、それは自分の心と体のバロメーターになると思います。

割れた時は自分に負荷をかけすぎていないか考えて少し自分を癒す時間を作るなどしてご自愛ください。

癒しの柔らかなエネルギーで心が軽くなることでしょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ記事

パワーストーン・天然石の効果 石とのご縁ストーリー・1

スポンサーリンク

コメントを残す

*