パワーストーン・天然石の効果 石とのご縁ストーリー・1

私は天然石アクセサリー作家という仕事を通して今まで何千本ものアクセサリーをご縁のあった方につけていただいています。

実際にお会いしてアクセサリーをお渡しした方もいらっしゃいますし、オンラインショップのご注文をいただいた時にメールのやり取りからお話を伺うこともあります。

そこにはお一人お一人のドラマが見えてきて身につけている人と石のご縁というものを感じます。

石と人のご縁というものは本当にあるものなのでしょうか?

ここでは身につけてくださった方と石とのご縁のつながり方を作家の目線を通して書いていきます。

スポンサーリンク

A様と作家との出会い

2,3年前からフェイスブックを通じて私が知り合ったA様は13年、恋人がいなかった30代の女性でした。

私のフェイスブックの投稿を見てオンラインショップでブレスレットをご注文くださりました。

写真を見た瞬間、ぴんとくるものがあったそうです。

何か予感めいたものが。

この予感を無視したり何か求めない条件をつけて(例えば金額とか自分にはふさわしくない、毎日つけない色かもしれないなど)石とのご縁がつながらない人もいますがA様はご自分の直感を大事にされました。

A様とフローライトの出会い

A様が初めてご注文をくださったのはフローライトのブレスレットでした。

フローライトは頭の中で整理できない思考をクリアにし未来のビジョンを明確にする石です。

石の意味からではなく見た目で決めたとおっしゃってました。

色とりどりのフローライトがつながっているブレスレットはA様の心を明るく照らすような気がしたのでしょう。

見た目で選ぶというのは自分の好みということですので頭で考えたものではなく心で求めたものだと思います。

作家との出会いまた石との出会いをインスピレーションで選び本当の自分の心(潜在意識)を大事にされたA様はこの後の未来に起こることを想像していたのでしょうか。

 

石の身につけ方

A様はそのブレスレットをつける度に「彼氏ができた自分」を想像したそうです。

普通なら念じてしまい依存しそうになるところでしたが(13年分の思いがあります!)そのフローライトのブレスレットはカラフルな色彩でしたので気持ちが軽やかにうきうきしたそうなのです。

ここは最重要ポイントです。

パワーストーンをつける方は念を入れ過ぎてしまうことがあります。

「〇〇しますようにー!」

「絶対こうなりたい!!!!!」

これは量子学的に言うと「今、〇〇になっていないことを形にする」ことなので願いが叶わないかもしれません。

具体的に言うと「彼氏がほしいほしいほしい~」と願うと今は彼氏がいないわけでその現実を一生懸命願っているということになりそれが形になるということは彼氏がいない状態が続くわけです。

これを念を込めてやってしまったらと思うだけで怖いですね。

A様のように軽やかに「彼氏ができて嬉しくて楽しい自分」を想像するだけでいいと思います。

ブレスレットをつけなかったら13年思い続けた「彼氏がほしい」の重いエネルギーが続いていたと思いますが、その1本のフローライトをつけることにより軽やかなエネルギーで過ごすことができたのです。

視覚から伝わるエネルギーはわかりやすいのでしょう。

カラフルなデザインを選んで大正解でした。

これもA様がインスピレーションを大事にして自分の心に正直でいたからだと思います。

そして私がA様に「楽しみながら身につけてくださいね。」とお伝えしたのをA様は聞いてくださっていたのでした。

男性との出会い

嬉しい衝撃でした。

「もうできたのですか!?」

ほんの2週間位でした。

A様も驚き私は更に興奮して喜び合いました。

元々気になっていた人との交際が始まったとのことでした。

フローライト、すごい…

恋愛の始まりはインカローズがおすすめなのですがA様が選んだのはフローライトですのでそのインスピレーションを大事に思いお作りしました。

フローライトは見事に未来のビジョンを明確にして幸せを引き寄せたのです。

いえ。引き寄せたのはA様自身です。

フローライトはA様のエネルギーを軽やかにするサポートをしたのです。

これは石のおかげだけではありません。

A様がご自分のインスピレーションを大事にして作家を選び、石を選び、石との関り方を選んで、ご縁を大事にして好きな人と結ばれたのです。

石に出会う前からその人とのご縁は決まっていたのかもしれません。

ただ気持ちの持ち方でそのご縁が遠のく場合もあるしこない可能性もあるけれどA様はご自分で幸せを引き寄せました。

フローライトのブレスレットは幸せのスイッチになったのですね。

A様のその後

それからA様はいろいろなデザインのブレスレットをお求めくださいました。

天然石はたくさん種類がありデザインも豊富な中でお選びになったのはどれもカラフルなビジュアルのブレスレットばかりでした。

最近プロポースされたそうです。

私は今度は驚きませんでした。

彼のお仕事の関係で結婚をするのはもう少し先の話の事のようですが13年も待っていた王子様をほんの2年待つ位どうってことないでしょうから。

 

パワーストーン・天然石と人のご縁は本当にあるのでしょうか

一つの石がきっかけで大事なパートナーに出会える奇跡。

A様と作家との出会い

SNSを通じてインスピレーションを信じ作家にメッセージをした。

A様とフローライトの出会い

石の意味からではなく視覚的なインスピレーションを大事にして決める。

石の身につけ方

見た目で気持ちが軽やかになり楽しい未来を描きながら身につけた。

男性との出会い

ブレスレットを身につけて2週間ほどで願いが叶った

A様のその後

2年先の結婚の約束をした。

 

今回は2週間という劇的なケースをご紹介しました。

A様は元々パワーストーンがお好きでゴムブレスレットをたくさんお持ちのようでした。

ただそれまでは石の意味でばかり選んでいてつけても何かこうわくわく感がなく頭でばかり「彼氏がほしい」と念じていたそうです。

今回はご縁がありゴムブレスレットではなくワイヤーでつなぐタイプのブレスレットで「見た目でときめいたのが毎日を楽しくさせた」とおっしゃってくださいました。

A様はご自分の直感を頼りに幸せのスイッチを手に入れたのかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ記事

パワーストーン・天然石の意味 フローライトとは?

スポンサーリンク

コメントを残す

*