パワーストーン・天然石 効果がある人とない人の違いは?

天然石を身につける時、ファッションアイテムとしてつける人もいれば鉱物が大好きでつける人もいます。
また、パワーストーンとして自然エネルギーを信じて楽しむ人もいますが本当に石のパワーはあるのでしょうか?
ここではジュエリー作家の私がパワーストーンを身につけた人のご感想をたくさんいただいて感じたことをお伝えします。

天然石のパワーは本当にあるの?

パワーストーンは大地のエネルギーを持ちます。
大地は地球。地球は宇宙が爆発してできたもの。

スポンサーリンク


パワーストーンは宇宙のエネルギーとつながっている、と言うと強引でしょうか。
月の光に石を当てるときらきらと輝きだすのは宇宙のエネルギーとつながっているからではないかと思いながら月光浴させています。
現実的な方はこのあたりで引いてるかもしれませんね。
そういう方は無理なさらないでこの文章を読まずファッションアイテムとして楽しんだり鉱物として品質を楽しまれると良いと思います。
私はそのような楽しみ方も大好きです。

石によって波動が違う

何でも物質には波動というものがあり人にも温かみのある波動を持つ人やぎすぎすした怒りの波動を持つ人がいます。
感謝した時の波動、笑った時の波動。妬みや恨みの波動。
人それぞれの見えない波動があります。
石も物質ですので穏やかな波動を持つものやパワフルな波動を持つもの、楽し気な波動を持つものとそれぞれ違うのでしょう。
その波動に合わせてパワーストーンを身につけているのだと思います。
優しく包み込まれるような波動を持つローズクォーツは自分を大事にして愛する石。
エネルギッシュな波動を持つルチルクォーツは仕事をばりばりとこなし結果、金運に結び付く石。というように。
石の波動は誰が調べたの?

古来、世界中で権力を示す宝石や呪術、お守り、宗教儀式のために宝石が使われていました。
例えばツタンカーメンのミイラの心臓の位置にラピスラズリが沢山埋められていたり
エジプトの女王クレオパトラはマラカイトの粉末をアイシャドウとして使っていたことは有名です。
ターコイズは祈祷師(シャーマン)が祈りや病気平癒の祈願に使用しておりネイティブアメリカンにとって神聖な石として扱われてきました。
水晶はファラオの王冠に使われていたり、カーネリアンはナポレオンが八角形の印象にして魔除けに使っていたり。
そのような宝石の伝説や伝承を鉱物学者や考古学者が現代文に訳したものといわれていますがどんな人達が書いたかは古すぎて不明です。
また昔から霊能力に長けている人がたくさんいました。
今と比べて余計な情報がなく自然の中で暮らす生活をしていると宇宙とつながる感覚が鋭かったのでしょうからその中でストーンリーディングをして効果を見いだしたものといわれています。
個人的な話ですが私自身も石を触り波動のようなものを感じながらジュエリーを作っていますので、もっと霊的な能力に長けている人達が石とつながりながら「石の意味」というものを見いだしていったことは想像に難くないことです。
どちらも科学的なものではありませんが実際に運気を好転させた例が数多くありますので石の波動のようなものと人の波動のようなものがぴったりと合った時、エネルギーが増幅すると信じられてきました。

 

 

 

 

 

 

意識が未来を作る

量子力学の世界では意識が形になるといわれています。
幸せな意識を持つとそれが波動になり形作られる。
例えば自分を大事にしてこなかった人が自分を愛する波動の石ローズクォーツのブレスレットを身につけるとします。
何も身につけなければ長年の癖ですぐ他人を優先したり自己否定しがちですが手首のローズクォーツを見る度に「私は自分を愛する。」と愛で満たされた幸せな自分を意識し始めます。
最初は強く意識していたものがやがて無意識に自分の幸せを感じるようになり心が愛で満たされ始めるのです。
パワーストーンはなりたい自分を信じるスイッチのようなものなのではないでしょうか。
こうなりたい。こうなる。こうなった。そのイメージができるかどうかで結果が変わってくると思います。

素直な人ほど結果がでやすい

長年、天然石でアクセサリーを作りたくさんの人に身につけてもらってきました。
そこで感じることは「素直な人ほど結果がでやすい」ということです。
頭でっかちの人はなかなか結果がでないようです。
「本当にこれをつけると願いが叶うのかねぇ?」「これをつければ願いが叶うんでしょう?」と思っていたのでは永遠にそのままかもしれません。
自分の未来を疑問視していたり他力本願だったりするうちは。
そういう疑いの波動がでてるのでなりたい未来が形作られないということになるのでしょう。
いえ、疑いの不安な波動がきちんと形つくられてそういう結果(願いが叶わない)がでているのかもしれません。
逆に何も考えず純粋に「これをつけて幸せになる♪」と楽しんでつけてる人から「プロポーズされました」「出世しました」「試験に受かりました」などご感想をいただいています。
パワーストーンをつける時、楽しく軽やかに「こうなった自分」を想像することが近道なのだと思います。

まとめ

パワーストーン・天然石 効果がある人とない人の違いは?

なりたい自分を強く意識できるかどうかだと思います。
頭でそう考えていても心では違う自分が別なことを願っているかもしれません。
本当の自分が願っていることを意識した時、自然エネルギーの力と共鳴しパワーが増幅するはずです。
純粋な気持ちで楽しんでくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめ記事
パワーストーン ジュエリー作家が教える自分らしい3つの選び方 

スポンサーリンク

コメントを残す

*