パワーストーン・天然石ブレスレットをつけるのは右か左か?

パワーストーンを身につける時
貴方は右と左のどちらにつけますか?

いろいろな説があり迷う時がありますね。
ここではよく言われる2つの説を
お伝えします。

1.仏像の手は左からエネルギーを入れている

仏像の手は左掌は天に向けて
右掌は正面に向けられているもの多いのですが
これはどういうことでしょうか。

左手で宇宙のエネルギーを受け
右手で皆にエネルギーを
分け与えてると
と言われています。

宇宙のエネルギーは
左手はインプット
右手はアウトプットということになります。

これで言うと左につけるのが
望ましいということになります。

スポンサーリンク

 

 

2.利き手と逆の手から気が入る

「利き手とは逆の手」から気が入って
「利き手」から気を逃がすといわれています。
普段良く使う利き手は
エネルギーがたまってしまうので
常に気を出しているということです。

貴方が右利きなら
左から気が入って
右からでるということになりますので
自分の中にエネルギーを入れたい場合は左手に
自分のもやもやしたものを出したい場合は
右手につけるのがおすすめです。

1.仏像の手は左からエネルギーを入れている

2.利き手と逆の手から気が入る

これで言うと右利きの人は「では左につけよう」となりますが
左利きの人はどちらを採用したら良いのでしょうか。

結論は

どちらでも良い。

ここまで引っ張ってどちらでも良いとは…。

直感でつけてください。

スピリチュアルに長けている人が何と言おうが
仏様が左を上に向けていようが
ブレスレットをつけるのは自分なのですから。
自分の心と体の声を聞くのが一番です。

私の住んでいる地方では
「ちょっと気持ち悪い」
「違う感覚がある」の事を
「いづい。」と表現しますが
いづかったら逆につければいいだけです。
つけてしっくりくる方を採用してください。

自分の感覚がわからない、という方が心配ですが
その場合は上記の1か2を採用してみてくださいね。

ブレスレットをつける時
自分の感覚が鈍っているか
自分の感覚と仲良しなのか
今の自分を知るバロメーターにするといいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*