パワーストーン ジュエリー作家が教える自分らしい3つの選び方 

パワーストーンの選び方

パワーストーンジュエリーを選ぶ時
どうやって選ぶのか迷ったことは
ありませんか?

誕生石で選んだ方がいいのか
石の価値で選んだ方がいいのか
石の意味で選んだ方がいいのか…

 

 

 

 

 

 

ここではタイプ別におすすめの選び方を
ご紹介します。

スポンサーリンク

1.鉱物の美しさで選ぶ

 

 

 

 

 

 

石にはそのお店でランクづけした
「品質の評価」というものがあります。

発色や輝き、透明度やつや、形によって
評価されます。
ランクは一般的に
B・BA・A・AA・AAAに
分けられ、もっと細かく
AA+やAAAAなど
独自のランクをつけるところも
あります。

これは統一された基準ではないのですが
石を選ぶ際の一応の目安になります。

鉱物として品質が良いものを
選びたい人は
石の評価を目安にするといいでしょう。

 

2.デザインの美しさで選ぶ

 

 

 

 

 

 

 

おしゃれアイテムとして
パワーストーンアクセサリーを
楽しみたい方は
石だけのゴムブレスレットより
ゴールドやシルバーなど
装飾として金属を組み合わせた
アクセサリーをおすすめします。

ガラスとは違う天然石の
存在感をゴールドやシルバーが
更に引き立ててくれることでしょう。

その季節の流行ファッションに合う色に
合わせたり
アクセサリーの流行りのデザインを
チェックして選ぶのもいいと思います。

 

3.自然エネルギーとして選ぶ

 

 

 

 

 

 

天然石は地球の賜物ですので
自然エネルギーとして
身につけたい方は

3-①石の意味合いから選ぶ
3-②自分の直感で選ぶ

という見つけ方があります。

3-①石の意味合いから選ぶ

鉱物学者や考古学者が宝石の伝説や
伝承を現代文に訳したものといわれていますが
どんな人達が書いたかは古すぎて不明です。

また霊的能力に長けている人達が
ストーンリーディングをして
効果を見いだしたものといわれています。

どちらも科学的なものではありません。
しかし実際に運気を好転させた例が
数多くありますので
石の波動のようなものと
人の波動のようなものが
ぴったりと合った時、
エネルギーが増幅すると
信じる人は
石の意味合いから選ばれると
良いでしょう。

3-②自分の直感で選ぶ

①の場合、自分のエネルギーが
どのようなものかわからない方が
多いと思います。
例えば恋人が欲しいという願いから
情熱の石ルビーを選んだとしても
本当の心の中は
恋人ではなく
癒しが欲しいのかもしれません。
そうしますと
自分に合うものはルビーではなく
ローズクォーツや
ムーンストーンになります。

「本当の自分が求めているもの」は
何なのか自信がない方は
ご自分のインスピレーションで
ぴんときたものを選ぶのが
一番です。
頭で考えたものではなく
心で感じた石をつけるのが
いいでしょう。

 

パワーストーン 
ジュエリー作家が教える自分らしい選び方 

1.鉱物の美しさで選ぶ
2.デザインの美しさで選ぶ
3.自然エネルギーとして選ぶ

   3-①石の意味合いから選ぶ
   3-②自分の直感で選ぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に合った選び方で
パワーストーンを お楽しみください。

スポンサーリンク

コメントを残す

*